2010年04月20日

時事通信記者の過労死認めず=糖尿病合併症「業務に起因せず」−東京地裁(時事通信)

 時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん=当時(36)=が1997年に死亡したのは、過重な労働が原因だったとして、父一久さん(79)=岡山市=が国に労災認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は15日、死因となった糖尿病合併症との因果関係を認めず、請求を棄却した。
 判決によると、一樹さんは97年3月ごろ糖尿病にかかり、5月25日ごろ合併症の糖尿病性ケトアシドーシスを発症、6月3日に死亡した。死亡まで半年間の時間外労働は月平均で約134時間、直前の1週間は1日平均約5時間だった。
 渡辺弘裁判長は「業務のストレスが発症に関与したことは否定できない」としたものの、「発症とストレスとの関係について、確立した医学的知見があるとは言えない」と判断した。
 多忙で治療機会を失ったとの原告側主張についても、一樹さんが海外出張から帰国した5月には病院で受診できる状況だったと退けた。
 一久さんが99年に労災申請したが、中央労働基準監督署は認めず、遺族補償などの不支給を決定していた。
 原告側の玉木一成弁護士は、判決後の記者会見で「労災が認められる脳・心臓疾患でも、ここまで厳格な医学的知見は求められていない」と批判。一久さんは「無念でたまりません」と話した。
 千葉良樹・中央労働基準監督署長の話 国の主張が認められ、妥当な裁判だ。
 時事通信社社長室の話 社員の死亡を厳粛に受け止めており、今後とも健康管理に十分気を配るよう努める。 

【関連ニュース】
談志さんが高座に復帰=東京
救急救命士の業務拡大へ=ブドウ糖投与など3項目
元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明
NEC元部長の過労自殺認定=「過重業務でうつ病」

初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
山形新幹線線路に女性=レール間に倒れ無事−4両通過、すき間で助かる(時事通信)
<薬事法違反>キノコ原料、未承認医薬品広告掲載容疑で逮捕(毎日新聞)
マツダ「アクセラ」などリコール オイルが漏れる恐れ(産経新聞)
外国人参政権「一万人大会」 UIゼンセン同盟「組織として反対」(産経新聞)
posted by マツモト シゲキ at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。